Blog

&WOOLの“ちょっと豊かに”なる情報を発信していくブログです。

2017/01/13 10:03

AND WOOLでは、毛糸の販売をしていると共に、お客様からオーダーを承って編んで製品をお渡しすることも試験的に行っています。

一点一点、スタッフによる手編みによるので、少しお時間をいただきますが、OPEN当初から、自分たちとしては思ってもいなかったお客様の層から

お問い合わせを多数いただいております。

 

それは、山登りをされるお客様です。

 

私が山登りをしたことがないため、全く知りませんでしたが、山登りには、良質なメリノウールがとても都合が良いようなのです。

 

■繊維が呼吸をしてくれるため 汗冷えをしづらく、蒸れづらい。さらに夏は涼しく、冬は暖かい。

(様々な化学繊維の生地が発明されていますが、インナーや肌が直接触れるアイテムはウールの方が、都合が良い。とおっしゃるお客様のご来店が多いです。)

 

■ウールはバクテリアの繁殖をおさえる作用があるので、においが出づらい。

(本格的に登る方は、2-3日山に籠ることも多いので、とっても必要なことらしいです。)

 

■はっ水性と吸湿性により、汚れが付きづらく、汚れても洗うと落ちやすい。

(洗うときは、押し洗い、洗濯機で洗う場合は中性洗剤でドライコースでお願いします。乾燥機は縮んでしまうので使わないで下さい。)

 

このような理由があるため、ウール製品が好まれるようです。

そこで、手編み帽子のオーダーいただいたので編んでみました。 今回ご紹介する【No.3】の糸を1本取りでリブ編みで編んでいます。

2玉使用しました。

 

 

こちらの糸は、イタリアのメーカーから直接仕入れさせてもらっています。 イタリアで唯一 洗毛から撚糸、染色まで自社で一貫して行っているメーカーで、しっかりとした管理とこだわりの中でつくられた毛糸です。高級紳士服などの生地にも使用されることで有名なこちらのメーカーの糸を、今回 手編み用に太く撚ってもらいました。

 

お客様から写真を送って頂きました。 絶景ですね! 自分の力で登るだなんて、達成感が凄そうです。。。

冬の湖畔でも御使用くださったようです。

お客様からは、「マイナス10℃ぐらいなら、このニット帽で十分暖かった。」と、ご感想頂きました。

また近々 お客様たちがご来店いただけるようなので、もっと使用した感想をお聞きして、またBlogにて ご紹介できたらと思います。

 

また、こちらのBlogで編み方の解説も今後行っていく予定です。

山登りをする貴方の大事な人に、ウールアイテムを編んであげるのはいかがでしょうか。