Blog

&WOOLの“ちょっと豊かに”なる情報を発信していくブログです。

2017/01/20 06:30


AND WOOLでは、昨年秋のOPENから、時々お客様からニットの相談を受けることがあります。

たとえば、
カーディガンを引っかけてしまって、糸が飛び出てしまった。 とか、
セーターが虫に食われてしまって、穴をふさぎたい。 とか、
愛用している帽子の形がとても気に入っているのだけど、同じものが売っていないので、新しく同じ形の帽子を編んでほしい。とか、
気に入っているレッグウォーマーと同じものを素材を変えて編んでほしい。とか。

様々なご相談をお受けしています。

ご相談にいらっしゃる方は、皆様そのニット製品をとても気に入っていて、大事に使用されているのが伝わってくるので、
私どもも一人のニット職人として嬉しく思いますし、なにか力になりたい。と思って、そんなご相談も受けております。

もちろん、ニットのお直しは、使われている糸と似た糸が無い場合は、全くわからないようにキレイにお直しすることが出来ないことも
あります。 特に穴が空いている場合は、AND WOOLでは、一般手な【かけはぎ】という技術とは異なる技術で直すことになるので、完全には直せませんが、まずは一度ご相談にご来店いただけたら、出来る範囲内でお客様の悩みを解決するようにご相談をお受けすることはできます。
(スタッフも少なく全て手作業になるので、タイミングしだいでは数日お時間を頂きます。また、出来る範囲もある程度 限られているのでご了承ください。)

AND WOOLのスタッフは、技術力やニット知識の高さから、
世界的な高級ファッションブランドにニットデザインや技術の提供や、製品のお直しなども承ってきた経験があります。

そういった技術や経験を、お客様の大切な思い入れがあるニット製品のために活かしていけたらと思います。

※ニットのお直しや、新しい形のニット商品の制作依頼は、お客様への説明が必要なため、ご来店できるお客様に限らさせていただきます。