Blog

&WOOLの“ちょっと豊かに”なる情報を発信していくブログです。

2018/07/10 02:00



AND WOOLではワーキングプロジェクトとして、静岡県島田市の方々を中心に、県内、県外の方に協力していただきながら
編み職人を育てて、手を動かすからこそ生まれるモノを作り、必要してくださる方に届けるプロジェクトを行っています。

昨年の7月に、たくさんの方にご協力いただき、私たちのビジョンを近隣の方々にご紹介させていただき、仲間を募集・お声がけさせていただきました。
そして、1年が経ち、私たちがどのような活動を行ってきたか、ご協力くださった方々や近隣の方々にご報告をさせていただくためにイベントを行います。

皆様への感謝を込めて、どういった活動をすることができたか是非ご紹介させてください。
何卒よろしくお願い致します。

**********************************************************

【AND WOOL ワーキングプロジェクト ご報告会イベント】

日程:2018年 7月12日(木)~17日(火)
場所:AND WOOL店舗 (静岡県島田市湯日1124-1 ※カーナビや地図アプリで住所検索をすると、全く異なる場所を案内することが多いようなのでご注意ください。こちらの地図をご参考ください。⇒地図

※ご来店くださるお客様が多くなりそうなので、ご報告・ご説明できる時間を 7月12日と13日の下記時間に設けます。)
【ご報告会:7月12日、13日  時間 11:30- 12:00 ・ 14:00-14:30】
どういったことをしているのかご興味がある方、ワーキングプロジェクトに参加してみたい方はお気軽にご参加ください。

内容:
■私たちが製作してきた製品・作品の展示やご紹介。
■ワーキングプロジェクトについて、改めてビジョンをご紹介させていただきます。
■製作しているニット製品のセミオーダーを承ります。
(私たちの製品は一点一点完全手作業のため、一点からのセミオーダーが可能です。)


■AND WOOL内のコーヒースタンド【lana cafe】がOPENします。
(7月12・13日のみOPENなのでご注意ください。) 7月のlana cafeについては詳細はこちら。


【イベント期間中はワークショップを毎日行います。】

■編み機を使って、ストールを作るワークショップについて ⇒ 詳細はこちら。


■チェコやフランスビーズを使ってアクセサセリーを作るワークショップ ⇒ 詳細はこちら。






改めて AND WOOLのご紹介です。
*****************************************************

編み物をする楽しさから、現代では触れる機会の少なくなった物づくりに触れる喜びを伝え、何気ない日常をちょっと豊かにしたいという想いからAND WOOLは誕生しました。

ファーマーズマーケットや産直販売所で買う野菜は作り手の顔が見えることで、大切に育てた想いが伝わり、より美味しく感じたなんて経験はないでしょうか。洋服は作り手の顔がみえづらいアイテムですが、ニットも一から工程を紹介していくことで、編み物をする楽しさや魅力を紹介して、ニットワークカルチャーを日本から世界へ広げることを目指しています。

編み物は、糸さえあれば世界中のどこででも特別な道具や言語は必要なく、自由に無限の創作ができます。


お店は、静岡県島田市の茶畑の中に作りました。

最寄駅は、日本で最初にSL汽車の保存運転を始めたことでも知られる"金谷駅"。現在は機関車トーマス号の運行でも話題を集めています。




お店では毛糸や編み機を販売し、初心者から上級者まで、気軽に編み物を楽しめるようになっています。
ガラスで仕切られた部屋には、編み機や糸を巻いたり、撚ったりする機械が並び、物づくりの過程をお客様にも知っていただけます。




私達が培ってきた糸やニットに関わる世界中に広がるネットワークを使って商品開発や企画提案をしていきます。


一般のお客様に、編み方を教えてさしあげたり、デザイン、パターン制作を行うサービスを行ったりと、ニットを楽しく感じていただける様々な活動をしています。 実際にお客様がご自身で編まれたニットワンピースです。↓



AND WOOLは手編みも得意ですが、
昔は一般的だったが、今では触れる機会の少なくなった【家庭用編み機】を使った制作も主な活動の一つとしています。

現在も国内で唯一製造している 編み機メーカー【ドレスイン】に協力も頂き、編み機を教える活動(ワークショップや講習)をしています。

家庭用編み機は、ハイクオリティなデザインのニットが制作できますが、編み手の高齢化により教えることができる人が、非常に少なくなっています。
アパレル生産方法が自動化が進む現代において、ますます生産現場では見なくなる 【家庭用編み機】ですが、その一方で、編み機がに関心が寄せられています。

それは 手を動かして、クリエイティブなものを表現することができるからです。
 

例えば、ラグジュアリーなニットを編むことができます。

すでに、実際に 東京、パリ、NYで展示、販売しているファッションブランドの商品をAND WOOLにて製作させていただいていたり、日本国内の百貨店にて製作させていただいた商品が販売されています。








また、初めての方でも、短時間で高品質なニットアイテムを作ることも喜ばれています。

AND WOOLでは、一般のお客様が参加する【ワークショップ】も人気です。
↓↓↓↓


【カシミアセーブル】糸と、昔ながらの編み機を使って、上質なストールを作りましょう。

 昔ながらの編み機でストールを作るワークショップ。


手編み機でゆっくり編むからこそ、とっても風合いが良く軽く編むことができます。
編み機を使ったワークショップについては 詳細はこちら。





手編みと、編み機の技術を合わせると、こんなに素敵なドレスも作ることができます。



また、AND WOOLでは、編み物の価値を見つめなおし、少し未来に向けた活動を始めています。


やりがいを感じることができる在宅ワークを必要としている方々もいらっしゃる。ということを

最近 いろいろな方から教えていただくことができ なにかできないか。と少しずつ進めています。



例えば、高齢者の方のコミュニケーション維持や、身体・精神的なリハビリを目的をした軽作業まで。 医療的視点からみた “クオリティー オフ ライフ”の維持・向上のために必要としてくださる方もいらっしゃるようで、 ファッション、手芸業界以外にも ニットの輪を広げようと考えています。(地方の地域雇用を生むことや、デイサービスとの連携や、作業療法士(国家資格)との連携など。)

手作業でないと生むことができない表現がある。と考えています。

手を動かしたい。と、おっしゃってくださる方々と、 手を動かさないと生まれないものを必要とする方々とを 結びつけることができたらと 少しずつ動いています。

**************************************************

この機会に是非 お気軽にAND WOOLにご来店ください。
よろしくお願い致します。

AND WOOL
https://www.andwool.com/