Blog

&WOOLの“ちょっと豊かに”なる情報を発信していくブログです。

2019/02/19 05:00

ここ数日、連日ブログUPさせていただいておりますが、来秋冬商品を一緒に販売してくださるパートナーを募集しています。

そこで販売するニット製品に使用している毛糸の原料をご紹介します。


(本日 ご紹介するウール糸とカシミヤ糸は、AND WOOLで現在販売している毛糸とは また別の糸になるのでご注意ください。)


さて、一番大事なことは、どのようなニット製品を制作しているのか。 ということだと思います。

また後日ご紹介させていただきます。



■こだわりのウール糸

 1887年創業メーカーによる糸を使用。特別なウール糸【SUPER ZEAニュージーランド“サウスアイランド”の主峰マウントクック周辺の山岳地帯のみで飼育されているファインメリノウールの中から、平均16.5マイクロンクラスの超極細ウールを選りすぐった糸です。最高級ウール糸。

 メリノウールに比べクリンプ(縮れ)の数が多く、糸も紡毛糸としては非常に細い撚糸のため、伸度にも優れた糸です。この糸で編むことによりソフトでバルキーな風合いとなり、とても軽く暖かいニットになりました。

 


 

■こだわりのカシミヤ糸

 1887年創業メーカーによる糸を使用。良質なカシミヤの産地として名高い中国の内モンゴル自治区産のカシミヤ糸を使用しました。 この糸は、染色性が悪くなり風合いを損ねてしまうような漂白加工を一切せずに、独自の製造方法で、日本国内の染色工場、紡績工場で生産された毛糸になります。

(例えば、原料染色は、低温染色を行い、できるかぎり繊維を痛めない工夫をしています。 また、ウールや他繊維の混入が無いように、何度も厳しく検査をされた糸です。)

毛糸になる前の原毛は手に平にのせてみると、空気がのっているかのように軽い原料です。

店頭や展示会にて是非ご覧ください。


これらの糸を、誰でも編みやすいように、独自に糸の太さを撚って調整して整品を制作します。

文章では素材の良さは伝わりませんので、店頭や展示会にて是非ご覧いただければ幸いです。


よろしくお願い致します。


AND WOOL

www.andwool.com